ペガサスキャンドル

社内の取り組み

社内の取り組み

ペガサスキャンドルは1934年の以来、暮らしに寄り添うキャンドルシーンをご提案し、キャンドルのあかりが皆様の暮らしの一部になれば嬉しいと思い、日々活動しています。 多くのお客様に喜んでいただくためには、まずはペガサスキャンドルの社員が「人間として成長」をしなければならないと考えています。

経営計画手帳唱和

経営計画手帳唱和

ペガサスキャンドルには、会社が目指す具体的な方針や経営哲学がまとめられた手帳があります。
この経営計画手帳を常に携え、毎朝全員で唱和するのが日課となっています。

環境整備活動

「気づく人間になって欲しい」という目的で、2001年から環境整備活動に取り組んでいます。
社内にだんだんと浸透してきており、「気づく人間になって欲しい」という想いが共有できるようになりました。社員の気持ちが1つになり、それが作業の効率化となり、生産性アップに繋っています。

定置管理

定置管理

掃除道具や工具などは、誰が見ても分かるように 定置管理を行います。
重要書類以外は、一目でどこにどんな書類があるのか分かるように全て「見える化」します。そして毎日作業をしている机の上は、終業時、片づけをして机の上には何も残さないようにしています。」

清掃活動

清掃活動

工場ではロウを大量に扱います。以前は床が大変汚れていましたが、現在は床に全くロウが落ちていません。就業内でも、「汚れたらすぐに掃除」が基本です。
また、毎日昼休み後に、社長からアルバイトまでが全員で15分間の掃除をします。掃除の内容は、ローテーションで細かく決められています。
「掃除がきちんと行き届いているか」をチェックするグループもあり、毎月抜き打ちでチェックします。

今でこそ、社内は定置管理や書類の見える化できっちりと片付き、工場の床はピカピカです。
現在は社員が一致団結して取り組んでいますが、導入当初からスムーズに運んだわけではありません。
私達がどのように環境整備活動に取り組んできたのかご紹介します。

社長会食

社長会食

社員全員が年に一度、社長と一緒に食事をします。
社長と社員が一緒になり、お食事会の準備をしてその後、乾杯となります。
お酒が入るので、気を張ることなくおしゃべりが進みます。これで社長とのコミュニケーションもばっちり図ることができます。

ペガサスキャンドルは、製品づくりはもちろんのこと、人としての繋がりも大切にしています。
社員1人1人が責任と誇りを持って仕事をしていると、胸を張ってお伝えすることができます。あなたも同じ仕事をするならやり甲斐のある仕事をしませんか?