ペガサスキャンドル ブライダル事業部

Bridalスタッフノート

2017/08/24 products

感動の挙式演出「ユニティーキャンドルセレモニー」

ユニティーキャンドルセレモニーとは

「ユニティーキャンドルセレモニー」とは、キャンドルを使った神聖で厳かな演出です。海外では定番セレモニーのひとつとして根付いています。

「ユニティー」という言葉は「ひとつになる」という意味。別々の人生を歩んできたふたりがひとつになって、新しい人生を歩むことを誓うセレモニーなんです。

ユニティーキャンドルセレモニーの流れ

1.ご両家のお母様がサイドキャンドルに点火

ご両家のお母様は、おふたりが育ったそれぞれの家庭を象徴する両サイドのキャンドルに点火します。

厳粛なキリスト教式では、いらっしゃるならばお母様が、いらっしゃらない場合は親族の女性やご友人が灯すものとされます。人前式や厳粛でないキリスト教式の場合は、お父様でも他のご家族の方でも問題ありません。

2.新郎新婦が中央のユニティーキャンドルへ点火

火が灯った左右のキャンドルを新郎新婦それぞれが手に取り、ふたつの火をひとつに合わせ、新しい家庭を象徴するユニティーキャンドルに火を灯します。

3.サイドキャンドルの灯火を消す

育った家庭のもとを巣立つ意味を込めて、左右それぞれの火は完全に消し、新しい火だけを残します。

4.新家庭の灯火誕生

ふたつの家庭の火がひとつになり、親家庭の誕生です。ここからおふたりの新しい人生が始まります。

ユニティーキャンドルを動画で見る

ユニティーキャンドルはどんな挙式でも演出できます

元々はキリスト教から生まれたセレモニーではありますが、さまざまな挙式で取り入れていただけます。

  • キリスト教式:欧米では広く行われている歴史あるセレモニーです。キリスト教式との相性は抜群です。
  • 人前式で:締りのある感動的な挙式になります。自由にアレンジできるメリットも。
  • 少人数婚で:披露宴の中にセレモニーを取り入れることで、ワンランク上の婚礼パーティーになります。

中央のユニティーキャンドルにはどんな意味があるの?

ユニティーキャンドルの灯火には、おふたりを良い方向へ導いてくれる意味が込められています。

ペガサスキャンドルは、2種類のユニティーキャンドルをご用意しています。

スタイリッシュな「ノーブルユニティー」は、2つの重なり合うリングと「Love one another,as I have loved you.And the two shall become as one.」の文字が。私があなたを愛してきたように、相手を愛してください。そうしてふたりはひとつになりますという意味です。相手を愛し思いやることで、ひとつの家族になるんですね。

金色のレリーフが施されている「リング・ド・ユニティー」は、クラシカルで高級感があります。こちらは「Love one another,as I have loved you.」の文字が描かれています。

絆をつなぐ、ユニティーキャンドルセレモニー

家族の絆をつなぎ、ふたりがともに歩んでいくことを誓うユニティーキャンドルセレモニー。おふたりで誓った愛が、永遠に続きますように。

 

Webカタログを見る

お問い合わせはこちら