ペガサスキャンドル 神仏事業部

神仏スタッフノート

2018/01/18 products

感謝、祈りをこめて【寺院 献灯】

献灯とは

昔よりローソクの炎、あかりには意味があるといわれています。

その意味とは、炎には不浄を燃やし、魔を除き、周囲を極める働きがあり、そしてあかりは心の闇を明るく照らす象徴とされています。

献灯はそんなあかりを使用し、仏様、ご先祖様へ祈りや感謝の気持ちを込めあかりを捧げることです。またご先祖様へのご供養としてもあたたかなあかりをお届けすることができます。

献灯におけるあかり(ローソク)意味

先程ご紹介しました、仏様、ご先祖様へ祈りや感謝の気持ちを込めあかりを捧げることもできますが、その他に「心をつなぐあかり」という大切な意味もあります。

心をつなぐあかり

あたたかいあかりは、ご先祖様と現世の私たちを結ぶ架け橋です。このあかりによって、ご先祖様は彼岸からやって来られ、私たちが彼岸に行く時もまたあかりに導かれるのです。

献灯用商品のご紹介

よりローソクのあかりを綺麗に感じていただけるよう、自立式のスタンドやグラス、ローソクまで幅広く取り扱いを行っています。また商品は販売品からレンタル品まで、ご使用方法によってお選びいただくことが可能です。今回は写真と共にご紹介いたします。

献灯用スタンド「ステラ」 & 献灯用グラススタンド

自立式のスタンドを使用し、そのスタンドにL字型のスタンドを載せます。そのL字型スタンドにはセット品としてシートが付いていますので、お名前を書いていただくことができます。

丸みを帯びたキャンドルグラスのスクワッシュからあふれるやさしいあかりは、たくさんの思いをのせ周囲を明るく照らします。

グラスを変えると

丸みを帯びたクリアのキャンドルグラス「スクワッシュ」はゆらめくあかりが非常に綺麗です。実はそのグラスを変えると印章がさらに変わるのです。

蓮の形をしたロータスグレイスとLED台座を使用し、先程の自立式スタンド「ステラ」に載せると
このように変わります。LEDとローソクのあかりが綺麗に調和しています。

アクリル献灯台 & 献灯用グラススタンド

大きな自立式スタンドが置けない場合には、アクリル製の献灯台をご用意しています。クリアのキャンドルグラスからあふれるあかりは、台がアクリル製のためあかりをさえぎることなく綺麗に周囲を照らしてくれます。強く綺麗に輝き思いを届けてくれます。

最後に

お彼岸、お盆などに仏様、ご先祖様へ皆様の思いがより一層お伝えできるよう考えました。
大切な日になるよう思いをたくさん込めています。

 


Webカタログを見る →

お問合せはこちら →