ペガサスキャンドル 神仏事業部

神仏スタッフノート

2018/01/23 products

ローソクのあかりの意味とは。

ローソクのあかりの意味って?

ゆらめくあかりを見ていると、心が安らぎ、気持ちも澄んでいくように感じることはありませんか。
ローソクのあかりにはどんな意味があるのでしょうか。
 

炎、あかりの意味すること・・・

炎には不浄を燃やし、魔を除き、
周囲を清める働きがあるといわれています。

そして、あかりは心の闇を明るく照らす象徴でもあります。
 

 

供養のあかり

仏教では、ご葬儀においてご霊前にお供えするあかりは、故人が仏さまとなって迷うことなく安らかに浄土へ旅立つための「あかりの道しるべ」としての役目があるとされています。

智慧(ちえ)のあかり

仏教では「光明とは智慧のかたちなり」といわれています。ローソクのあかりは仏さまの御心の象徴であり、故人と残された遺族へ明るい道を照らし、救いの智慧を授けてくださいます。

心をつなぐあかり

あたたかいあかりは、ご先祖さまと現世の私たちを結ぶ架け橋です。
このあかりによって、ご先祖さまは彼岸からやって来られ、私たちが彼岸に行く時もまたあかりに導かれるのです。

ローソクのあかりは大切なものとされています。

私たちは時代と国境を越えて、喜びや悲しみの時に必ずローソクを灯してきました。
そして、世界のほとんどの宗教ではローソクのあかりの下で敬虔な祈りを捧げます。

 

神道では・・・

「闇路にあかりを灯す」という言葉があり、御霊さまが道に迷わないようにあかりを灯します。
また、かがり火を焚くのは、周りを明るくにぎやかにし御霊さまを慰めるためと言われています。
 

キリスト教では・・・

生命の象徴とされており、今まで生かされていることに感謝してローソクに火を灯します。
聖書に「あなたがたは世の光である」(新約聖書・マタイによる福音書)とあり、
「命」や「愛」をローソクの炎に例えて表現している一節があります。



 

ローソクのあかりが創る、感謝・祈り・供養

亡き人への感謝と祈りと供養の気持ちを、ローソクの揺らめきが「ぬくもりとやさしさ」で伝える特別な時間。
ローソクのあかりにしか創りだせない時間軸は、ゆっくり、そしておだやかな時を刻み人々の気持ちを癒します。

本物のあかりの意味を知り、ローソクのあかりの意味を伝え、宗教問わず感謝を伝え続けていきたい。
愛しき人への永遠なる想いをローソクと共に・・・。